静岡県の株式会社ウィステリアの経営する藤接骨院グループの求人・採用サイトです。     

■焼津小川院 大石貴之


oishi-s

【自己紹介・入社の動機】

藤接骨院焼津小川院の大石貴之と申します。柔道整復師、鍼灸師として現在2年目になります。地元である吉田高校を卒業後、静岡医療学園専門学校へ入学しました。この世界に入ろうと思った理由は、スポーツトレーナーになりたかったからです。

専門学校を卒業後、一つ接骨院を経て弊社に入社いたしました。

藤接骨院との出会いは専門学校の先生からの紹介でした。地元の吉田町に本院があるということで存在自体は知っていたのですが、紹介をしていただき実際に見学をさせていただいて改めて知ることができました。

見学をした時の第一印象は『接客のプロ』という感じでした。接骨院で接客というと変かもしれませんが、挨拶だったり、患者さんへの対応、患者さんに対する気遣いなどが自分の中の接骨院のイメージとかけ離れたものですごく印象的でした。

そしてスタッフ1人1人の向上心の高さにも驚きました。練習をして、反省をしてすぐに改善をしていく。誰もが常に自分の中の課題と向き合い、成長しながら、日々の日常を過ごしていく。このような環境で自分も治療家としてだけではなく、人間としても成長したいと思い、弊社に入社させていただきました。

【こだわり】

私が患者さんと接する中で気をつけていることは、『患者さんが何を求めているのかを明確にする』です。当然接骨院ですので、ぎっくり腰や寝違え、捻挫など痛みを取るために来院されます。ただし痛みを無くしたいのにも理由があると思います。スポーツをやっている人だったら近いうちに大会があるだったり、大人の人だったら仕事を痛みなくやりたいだったり、趣味や家族との時間を楽しく過ごすために痛みを無くしたいなど人によって様々だと思います。そこまで明確にすることによって患者さんの気持ちをより理解できるようになります。そしてその先の目標の痛みがなくなり楽になった後どういうことをしたいか、趣味を楽しみたい、運動をしたい、全く関係ないダイエットをして痩せたいなどがもし達成できたときはどれだけの喜びを感じてくれるでしょうか。そこまで明確にしてあげてそこに向けて治療をしていく、そして達成することで患者さんは笑顔にもなるし、感動もしてくれると思います。私はそこのお手伝いをしてこれからも1人でも多くの患者さんを『笑顔』にしていきたいと思います。