静岡県の株式会社ウィステリアの経営する藤接骨院グループの求人・採用サイトです。     

■静岡安西院院長 大石秀斗


oishi-s

【自己紹介・入社の動機】

藤接骨院 静岡安西院院長の大石秀斗です。

私は高校卒業後、千葉県の帝京平成大学で柔道整復師の資格をとりました。資格取得後は大学の先生の紹介で横浜の接骨院で四年間研修を積み、地元の静岡に戻りこの会社に就職しました。藤接骨院に就職する前に他の接骨院にも見学に行きましたが、そこは昔ながらの接骨院でマッサージと牽引をしていて、これで患者さんは良くなるのだろうか?もっと根本的な原因を追求して治療したい。と思いました。そして、もっと自分のやりたい事ができる接骨院を探していたところハローワークで藤接骨院を知りました。まず見学に行き社長や先輩の話を聞いて、ここは症状を取るだけでなく根本的な原因を追求して再発しない体づくりを目指していることを知り、自分のやりたい事と合っているなと感じ入社を決意しました。また、見学に行ったときに明るく元気な挨拶で迎えてくれたことも入社を決意するきっかけでした。

【こだわり】

私のこだわりは患者さん自身が治る体になっていくようにサポートしていくことです。
治療はしますが、あくまでも私たちは治るためのサポートをするだけで
治していくのは患者さん自身です。人は本来自然治癒力と呼ばれる治る力があります。
すり傷や多少の痛みだったら自然と治っていきます。
体や自律神経のバランスが崩れたときに痛みとして残ってしまいます。
私たちは本来持っている自然治癒力をしっかりと発揮できるように体や
自律神経のバランスを整えていきます。なので、私たちが治すというよりも
患者さんをサポートし患者さんと一緒に治していく、治療だけでなく
日常生活のアドバイスをして患者さんにも頑張ってもらうことで一緒に治していく
ということが大切です。そのために、黙々と治療するのではなく、
患者さん一人一人の背景を知るために色んな話をし患者さん以上に患者さんのことを
知るように心がけています。